Haco

Hacoって?

エイズ検査キャンペーン

12月1日の世界エイズデーに向けて福岡市や福岡県の各保健所で行われる特例検査や夜間休日迅速検査の広報協力や、クリニックでの検査キャンペーンなど、エイズ検査を促進するキャンペーンを行っています。

平成29年度:
Hacoで検査なうに使っていいいよ

福岡市との協働で

29年度は、Hacoでの検査が実現しました!

そこでテーマは「Hacoで検査なうに使っていいよ

某つぶやきアプリ風の画面をタブレット端末で見ているという設定で、フライヤーやリーフレットを制作しました!

福岡市のフライヤー画像
福岡市のフライヤー
福岡市のリーフレット表紙
リーフレットの表面
リーフレット裏面
リーフ中面は福岡市の検査情報
福岡県との協働

福岡県は、スマートフォンで一番人気のメッセンジャーアプリのスタンプ風画面がポスター。

スマホの画面は透明のポケットになっていて、リーフレットを入れておけるというアイデアは、前年度から継続。

福岡県のポスター
福岡県のポスター
福岡県のリーフレット表面
福岡県のリーフレット表面
福岡県のリーフレット裏面
福岡県のリーフレット裏面
福岡県のリーフレット中面
中面は福岡県内の検査情報
九州レインボープライドでブース参加

2017年11月5日(日)に開催された第4回九州レインボープライドの会場にブースを出し、Hacoでの検査博多保健所の即日検査中央保健所で開催されるゲイ・バイ向け夜間検査をアピールしました。

  • 2017年九州レインボープライド会場
  • 2017年九州レインボープライド会場ブース
Hacoでの検査

11月15日(水)には、初めての試みとしてHacoで検査を行いました!

もちろん検査を行うのは博多区保健所の医師や保険医さんたち。問診はプライバシーが確保できるように、通常は事務所として使用している奥の部屋を使用。Hacoの奥の部分にホワイトボードのパーティション区切り採血。

検査は通常検査なので、結果は翌週に博多保健所で伝えてもらいます。

感染不安を持っている方や、HIV・エイズについて知りたい、検査について知りたいという方のために、検査の時間中、Hacoの近くにあるゲイバー「make up」をお借りして、エイズ・ワーカーズ・福岡の相談員notAlone Fukuoka HIV陽性者交流会のスタッフが対応する「検査カフェ」も同時に開催し、万全の体制で臨みました。

当日は、保健所ではありえない和気あいあいとした雰囲気で進み、Hacoの表のポスターを見て検査を受けた方も!

Hacoでの検査イベントは、今後も開催することになりました