Haco

HIV・エイズ

HIVはどこにいる?

精液、血液、膣分泌液、母乳

感染経路

HIVは主に精液、血液、膣分泌液、母乳に存在します。

HIV自体の感染力は実は非常に弱いので、日常生活で感染することはありません。

でも、HIVを含んだ体液が粘膜や傷口に、直接、大量に、長時間、触れると感染の確率は格段に高くなります。

逆にこの条件のどれかが欠ければ、感染確率は低くなる ということです。

感染の条件

男性同士の性感染が一番多い!

セックスによる感染

現在、感染の約8割から9割はセックスによる感染だと言われています。その中でも特に男性同士のセックスによる感染は常に最も多く、平成28年度の報告では、新規感染者の約7割、新規エイズ患者の5割以上が、男性同士のセックスによるとされています。

その他の感染経路

血液感染

HIVを含んだ血液が直接血管中に入り、感染する経路です。

覚せい剤などの注射を回し打ちすることで、注射器や注射針に残ったHIVを含んだ血液を、他の人も同じ注射器・注射針を使うことで血管に侵入して感染することがあります。

医療現場などで献血・採血に使用する注射器・注射針は毎回新しいものに取り替えるので、感染の心配はありません。

輸血用の血液は、採血後、厳密な検査を行うので安心です。

母子感染

母子感染は遺伝ではありませんが、胎内や出産時の出血や授乳時に感染することがあります。

適切な母子感染予防対策をとることで、現在では感染確率を0.5%未満にまで低減できます。